pepe’s blog

雑多な趣味に関して深く浅く広く狭く語るブログです。

【測るもの】パルスオキシメーター Pulse Flow

パルスオキシメーター新型コロナウイルス感染者の肺炎の早期発見に有効なツールとして一般家庭にも普及しています。呼吸器系・循環器系・消化器系に疾患を抱える私は新型コロナウイルス感染による重症化のリスクが高いので、我が家でも比較的早い時期にパルスオキシメーターとして「Pulse Flow」という製品を導入しました。

f:id:pepeprism:20200825124617j:plain

パルスオキシメーター Pulse Flow のパッケージ

 

f:id:pepeprism:20200825124658j:plain

パルスオキシメーター Pulse Flow の同梱物

 

f:id:pepeprism:20200825124725j:plain
f:id:pepeprism:20200825125554j:plain
f:id:pepeprism:20200825125616j:plain
f:id:pepeprism:20200825125630j:plain
左端の写真がデフォルトの表示。ボタンを押すごとに表示が 90 度ずつ回転します。
180度回転すると表示項目が1つ増えます。

 

f:id:pepeprism:20200825125850j:plain

ボタンを1秒以上長押しすると、脈拍がPR表示からPI表示に変わります。


そもそもパルスオキシメーターとはどういうものかというと、一般社団法人日本呼吸器学会の Web サイトでは以下のように説明されています。

 

概要

 皮膚を通して動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定するための装置です。赤い光の出る装置(プローブ)を指にはさむことで測定します。
 肺から取り込まれた酸素は、赤血球に含まれるヘモグロビンと結合して全身に運ばれます。酸素飽和度(SpO2)とは、心臓から全身に運ばれる血液(動脈血)の中を流れている赤血球に含まれるヘモグロビンの何%に酸素が結合しているか、皮膚を通して(経皮的に)調べた値です。プローブにある受光部センサーが、拍動する動脈の血流を検知し、光の吸収値からSpO2を計算し表示します。

利用法

 酸素飽和度(SpO2)は肺や心臓の病気で酸素を体内に取り込む力が落ちてくると下がります。主に病院や在宅治療の患者さんで、必要に応じて測定します。睡眠時無呼吸症候群の簡易診断にも利用します。加齢によってもある程度低下し、労作時にも変動します。
 一般的に96~99%が標準値とされ、90%以下の場合は十分な酸素を全身の臓器に送れなくなった状態(呼吸不全)になっている可能性があるため、適切な対応が必要です。慢性に肺や心臓の病気のある患者さんでは、息苦しさや喘鳴などの症状が強くなり、SpO2が普段の値から3~4%低下した場合は、かかりつけ医に連絡するか受診をしてください。
 操作自体は簡単で、家庭での購入も可能ですが、測定値のもつ意味はその人の状態やかかっている病気によっても異なるため、測定値の判断は主治医など医療専門の方の指導を仰ぐことをお勧めします。

使用時の注意

 測定結果に誤差を与える要因がいくつかあります。体動によって発光部と受光部がずれる場合や、指先の冷えなどで測定部に血流が十分にない場合、マニキュアなどで光の透過が邪魔される場合などに、正しく測定されないことがあります。SpO2は一定時間、あるいは一定の脈拍毎に得られた値を平均して表示していますので、装着直後ではなく、脈拍が安定する20~30秒後に数値を読んでください。