pepe’s blog

雑多な趣味に関して深く浅く広く狭く語るブログです。

20年前のストロボ(COMET CL-1250 + COMET CL-25H)を引っ張り出してきました

機材庫(書斎のウォークインクローゼット)の奥のほうに仕舞い込んだまま 20 年近く放置してあった古いストロボを引っ張り出してきました。なにせ 20 年ぶりに通電したので、コンデンサが爆発しないか、キセノン管のガラスが破砕して飛び散らないか、とドキドキしましたが、問題なく使用できることがわかりました。*1

COMET CL-1250 + COMET CL-25H

ストロボの名称(型番)は COMET CL-1250、容量 1250Ws のいわゆるジェネレータと呼ばれるものです。我が家にはこのジェネレータが2セットあります。また、それぞれに専用ストロボヘッド COMET CL-25H が2灯ずつ(計4灯)付けてあります。*2

f:id:pepeprism:20210204190011j:plain
f:id:pepeprism:20210204190054j:plain
専用のソフトケースには、それぞれ CL-1250H 1台 と CL-25H 2灯が収納できます。我が家にはこのセットが2セットあります。
f:id:pepeprism:20210204190423j:plain
f:id:pepeprism:20210204190632j:plain
ソフトケースから CL-1250HCL-25H を取り出して並べてみました。

f:id:pepeprism:20210204190730j:plain

ジェネレータタイプのストロボの最大の難点は、太くて取りまわしのしにくい電源ケーブルです。ケーブルには巻き方があって、いい加減な巻き方をすると内部のより線がよじれてしまうので、当時のスタジオアシスタントが最初に覚えるのが電源ケーブルの巻き方でした。

COMET CL-1250 の細部

ここでは COMET CL-1250 の細部を観ていくことにします。

f:id:pepeprism:20210204191716j:plain

CL-1250H の外観です。操作パネルおよび各種コネクタ類は上面に配置されています。

f:id:pepeprism:20210204192452j:plain

上段には左から電源ケーブルのコネクタとストロボヘッド接続コネクタ1~3があります。それぞれ蓋が付いていますが、経年劣化で本体に固定している部分が断裂してしまうため紛失しないように注意が必要です。

f:id:pepeprism:20210204191858j:plain

下段には左から電源スイッチ、モデリングライトの動作、スレーブ受光部の動作、テスト発光ボタン、光量設定ダイヤル(2個)、シンクロケーブルソケット、ストロボヘッドの光量比設定スイッチが並んでいます。

f:id:pepeprism:20210204192752j:plain

本体をひっくり返すと底面にスライドスイッチが1つあります。これはチャージ音を鳴らすか否かを設定するためのサウンドスイッチですが、ジェネレータをひっくり返さないと気が付かないため、その存在を知らない人もいるようです。何を隠そう筆者もその一人でした。知人に頼んでチャージ音を鳴動させる装置を作ってもらったあとで、このスイッチの存在を知りました(苦笑)。

f:id:pepeprism:20210204193138j:plain

本体側面の下部にヒューズボックスがあります。

昔話的なこと

いまどきはストロボと言えばモノブロックタイプのものが主流ですが、20 年前にはまだモノブロックストロボは一般的ではなかったので、ジェネレータ、ヘッド、ライトスタンド、バックドロップ等の機材一式(もちろんカメラとレンズを含む)を台車に載せて、電車とバスで現場に向かっていました。いま思えば、よくこんなクソ重たいものを持ち歩いていたものだと我ながら感心します(笑)。*3

また、当時は自宅スタジオでの宣材撮影(オスカーのモデル部のモデルさんの宣材撮影、中小芸能事務所のプロフィール撮影、タレントさんのオーディション用の宣材撮影など、いろいろとご依頼をいただいてお受けしていました)やライティング勉強会などにも良く利用していました。

いまではジェネレータを使う機会はほとんどありませんが、こと照明機材に関しては「大は小を兼ねない」ので大容量のジェネレータが必要になるケースがあると思います。

f:id:pepeprism:20210204203455j:plain

自動車整備工場での Ferrari F355 GTS を使ったポートレート撮影の様子。フェラーリレッドを奇麗に出すためにスタッフの機材も借りて大量のジェネレータ&ヘッドで照明を組みました。

資料集(カタログ、リーフレット等)

CL-1250II/2500II(生産終了)|COMET 製品リーフレット

f:id:pepeprism:20210204195734p:plain

f:id:pepeprism:20210204195707p:plain

リフレクター

f:id:pepeprism:20210204201143j:plain

わかるストロボライティング

f:id:pepeprism:20210204200611j:plain

商品リンク

CL-1250 + CL-25H 中古品

アクセサリ

教則 DVD

脚注・コメント

*1:20 年経っても問題なく使えるとは、さすがは日本製品です。

*2:COMET CL-1250 にはストロボヘッドを最大3灯まで接続することが可能です。

*3:レンタルスタジオや芸能事務所のオフィスをはじめ、個人宅、自動車整備工場、廃屋などいろいろなところにロケに行きました。