pepe’s blog

雑多な趣味に関して深く浅く広く狭く語るブログです。

Profoto A1 for Canon を販売終了前に購入

Profoto A1 for Canon を購入しました。A1 はすでに生産を完了していてメーカー在庫限りで予備バッテリー2個おまけ付きの安売り(と言っても Godox の同等品の3倍以上の価格)をしていたのでゲットしました。すでにメーカー在庫はなく終売になっています。

 

f:id:pepeprism:20200626172210j:plain

パッケージ

 

f:id:pepeprism:20200626172321j:plain

Profoto A1 for Canon の内容物。予備バッテリー2本(標準添付の1本と合わせて計3本)の他、各種のアクセサリー、充電器等が入っています。(写真には写っていませんが、専用ケースの裏側にスタンドが入っています。)

 

f:id:pepeprism:20200626172441j:plain
f:id:pepeprism:20200626172430j:plain
同梱のスタンドにセットしてみました。もちろんクリップオンストロボとしてカメラのホットシューに装着することもできます(TTLに対応しています)。

 

f:id:pepeprism:20200626172533j:plain

発光管(キセノン管)の下に LED のモデリングランプが2灯組み込まれています。発光管のズームに連動して LED の照射角も変わります。

 

f:id:pepeprism:20200626172600j:plain
f:id:pepeprism:20200626172612j:plain
裏面の操作パネル。特徴的なのが光量指定が他社のストロボのような分数表示(1/2、1/4、・・・)ではなく 2.0~10.0 という数値表示になっていること。他社のストロボやジェネレータに慣れているとわかりにくいです。

 

f:id:pepeprism:20200626172710j:plain
f:id:pepeprism:20200626172733j:plain
Godox のレシーバ X1R-C に装着して Godox のコマンダーからリモート操作できるか調べてみました。結果は、①ズーム:OK、②発光:OK、③光量調整:NG、④モデリングランプ点灯:NG でした。

 

f:id:pepeprism:20200626172954j:plain
f:id:pepeprism:20200626173008j:plain
Profoto のコマンダーはおそろしく高い(6万円以上)ので、Godox のコマンダーを使って発光だけでもできることが分かったのは収穫でした。