pepe’s blog

雑多な趣味に関して深く浅く広く狭く語るブログです。

Neewer LED ライトパネル用折りたたみ式グリッド付きソフトボックス(NL480/530/660 対応)

Neewer LED ライトパネル用の折りたたみ式ソフトボックスをご紹介します。Neewer 純正ソフトボックスには旧タイプ(円形)新タイプ(スクエア)の2種類がありますが、今回ご紹介するのは新タイプのスクエアのものです。

スクエアタイプのソフトボックスには、グリッド無しのモデルとグリッド付きのモデルがありますが、以下で取り上げるのはグリッド付きのものです。グリッドは脱着式になっているので、グリッドの有無以外の基本的な仕様はほぼ同一と考えていいと思います。

Neewer Softbox For 660 With Grid ( Red ) Type

このソフトボックスは、LED ライトパネルを取り付ける開口部の大きさが 横 23.5 cm × 縦 21 cm で、LED ライトパネル本体を包み込むように固定する方式を取っています。バーンドア付きの LED ライトパネルを使用する場合はバーンドアを外しておく必要があります。メーカーの説明では NL480/530/660 シリーズが適応機種となっていますが、固定部分がかなりタイトな作りなので、NL660 以外の機種に装着できるかは未確認です。

照射面の大きさは 40 cm 四方です。旧型の円形タイプ*1よりも新型の本製品のほうが照射面が小さいので、光を拡散する能力は低いと考えられます*2

f:id:pepeprism:20200919185244j:plain
f:id:pepeprism:20200919185301j:plain
f:id:pepeprism:20200919185313j:plain
ソフトケースのままポリ袋に入れてあるだけのシンプルなパッケージ。丸レフと同じ要領で拡げて使用します。表面は白色のディフューザで、裏面に LED パネルを取り付けます。グリッドは別パーツになっていて伸縮式のゴムの力で簡単に取り付けることができます。

LED ライトパネルの取り付け

ソフトケースからソフトボックスを取り出したら丸レフと同じ要領で拡げます。4つの磁石式ロッドを固定してソフトボックスを展張します。
裏面の開口部に LED ライトパネルをバーンドアを外した状態で配置して、上下左右のタブ状のカバーで LED ライトパネルを包み込むようにホールドし、マジックテープで固定します。(このソフトボックスには上下の向きがあるので気を付けてください。)

f:id:pepeprism:20200919185728j:plain
f:id:pepeprism:20200919185740j:plain
4本の磁石式ロッドを拡げて、ソフトボックス裏面の開口部にバーンドアを外した LED ライトパネルを装着します。上下左右のタブ状のカバーで LED ライトパネル本体を包み込みマジックテープで固定します。

f:id:pepeprism:20200919190600j:plain

LED ライトパネル取り付け部の拡大写真です。上下左右にあるホルダーで包み込んでマジックテープで固定してあります。LED ライトパネルのアームの位置の関係で上下の取り付け方向が決まっているので取り付け時には注意が必要です。

ライトスタンドへの取り付け

ソフトボックスはマジックテープで固定されているだけなので、ソフトボックスを持ち上げると LED ライトパネルが脱落して危険です。ライトスタンドに取り付ける際はソフトボックスを持つのではなく LED ライトパネルを持つようにします。

f:id:pepeprism:20200919191412j:plain
f:id:pepeprism:20200919190041j:plain
ライトスタンドに取り付けるときは、LED ライトパネルを持って作業をします。

グリッドの装着

グリッドは周囲にゴムが入っていてソフトボックスにワンタッチで簡単に装着することができます。脱着も容易でこの種のグリッドとしては非常に使い勝手が良いです。

f:id:pepeprism:20200919192338j:plain
f:id:pepeprism:20200919192350j:plain
周囲にゴムが入っていてソフトボックスにワンタッチで簡単に装着することができます。

照射面を下向き(俯瞰)にして使用する方法

 Amazon 等の口コミで、ソフトボックスを取り付けると照射面を下向き(俯瞰)にできないというコメントが見受けられますが、Neewer の LED ライトパネルをライトスタンドに取り付ける方法を理解できていないものと思われます。

Neewer の LED ライトパネルのスタンドホルダーは二通りの使い方ができるようになっています。俯瞰で使用したい場合にはスタンドホルダーの側面にある穴にライトスタンドを取り付けます。

f:id:pepeprism:20200919190132j:plain
f:id:pepeprism:20200919190147j:plain
俯瞰で使用したい場合にはスタンドホルダーの側面にある穴にライトスタンドを取り付けます。

 

    

*1:旧型の照射面の大きさは直径約 59 cm です

*2:新旧のソフトボックスの比較検証記事を後日掲載する予定です。