pepe’s blog

雑多な趣味に関して深く浅く広く狭く語るブログです。

フォルクスワーゲン Typ 1 系列

フォルクスワーゲン Typ 1 系列

フォルクスワーゲン Typ (英語表記では Type、ドイツ語読みでは「テュープ」)について、Typ 1 系列のバリエーションを簡単にまとめてみました。

Typ 1

Typ1 は、一般にカブトムシ または ビートルと呼ばれているモデルで、ヒトラーの「国民車構想」に基づいてフェルディナント・ポルシェ博士が設計・開発を担当しました。Typ 1 は 1938 年~ 2003 年まで生産され、その総生産台数は 2152 万 9464 台と言われています。

プロトタイプ V303(セダン、サンルーフ、カブリオレの3種類) を観たヒトラーがこの車両を KdF-Wagen 命名したこともあって、この形状のボディは KdF と呼ばれることがあります。

Typ 82

最も有名な軍用フォルクスワーゲン タイプ82、通称:キューベルワーゲン。なお、キューベルワーゲンとはバケツ型(石炭バケツ型)車両全般を指すもので、フォルクスワーゲン以外にもキューベルワーゲンと呼称される車種があります。

製造年:1940年
生産台数:50,515両
排気量: 985cc、1943年から:1130cc、25hp

Typ 86

4輪駆動タイプのキューベルワーゲン。シャーシは Typ 62(Typ 82 以前のプロトタイプ)を使用しています。

製造年:1940年
生産台数:3両
排気量: 1085cc、27.5 hp

(写真左) Typ 86、(写真右) Typ 62

Typ 87

Typ 82 ベースの4輪駆動車。

製造年:1940年
生産台数:4両
排気量: 1085cc、27.5 hp

Typ 92 ( = Typ 82E, Typ 877 )

Typ 82 のシャーシに KDF ボディを載せたもの。2台が外務省に納められて非軍事任務に充てられ、残りはアフリカ軍団や SS で使用されました。 なお、Typ 82E は戦後も Typ 51 の名称でしばらく生産が続けられました。

製造年:1941年
生産台数:564両
排気量: 985cc-1131cc

Typ 92 ss

Typ 92 のうち、SS に納められたものは Typ 92 ss という型番で区別され、インテリアが変更されて銃器を固定するためのフック等が配置されています。

Typ 98

Typ 128 のシャーシに KDFボディを載せたもの。残念ながら写真は見つかりませんでした。「Typ 86 のシャーシ(4×4)にロールアップルーフ付き」とする解説もあって、実態はよくわかっていません。4輪駆動タイプであることは間違いなさそうですが。

製造年:1943年
生産台数:3両
排気量: ?

Typ 128、Typ 138

水陸両用タイプ。Typ 138 は軽量化を試みたタイプでほとんど違いはありません。

製造年:1941年
生産台数:130両
排気量:1131cc

Typ 129

渡海および潜航をするために開発された試作車両。ボディ全体が鋼板で覆われています。

製造年:1941年
生産台数:1両
排気量:1131cc

Typ 155

ハーフトラックタイプのキューベルワーゲン。テストモデルが7種類作られました。

製造年:1942年
生産台数:7両
排気量:895-1131cc

Typ 155-0

Typ 155-1

Typ 155-2

Typ 155-3a

Typ 155-4a

Typ 155-4b

Typ 155-4c

Typ 157

Typ 82 を線路上を走行できるようにしたもの。タイヤの後ろに金属製ディスクが装備されています。

Typ 166

いわゆるシュビムワーゲンTyp 128/138 に比べてホイールベースが短く(240cm から 200 cm に短縮)なっています。

製造年:1942年
生産台数:14,283両
排気量:1131cc

写真右は雪上走行用装備を装着した Typ 166。

Typ 276

重量のある大砲を牽引するために Typ 82 のリアパネルを強化したものです。

製造年:1944年

Typ 283

Typ 82 の木炭エンジン仕様車。

製造年:1944年

Typ 287

Typ 92 の4輪駆動タイプ。シャーシはキューベルワーゲン。オープントップが特徴。

製造年:1943年
生産台数:546両
排気量:1131cc

Typ 82/2 ( Typ 822 とする文献もあり )

詳細不明。後部座席に巨大なサイレンが設置されています。

製造年:1940年
排気量:985cc-1131cc

Typ 82/3 ( Typ 823 とする文献もあり )

Typ 82 の変種。Panzerattrape。偽装戦車。

製造年:1940年
生産台数:2両
排気量:985cc-1131cc

 

下の写真は Typ 82 にハリボテの装甲を被せたロンメルの偽戦車。Typ 82/3 とは別物の現地改修車両です。

 

この写真も現地改修っぽいですが詳細は不明です。

【補足資料】Typ 一覧

  • Type 62: Prototype Kübelwagen, constructed from 15 May 1938; pre-production models (1939) field tested in the invasion of Poland
  • Type 67: 2-stretcher ambulance; Type 60 Beetle chassis with modified Type 82 body
  • Type 82/0: Basic, standard four seater
  • Type 82/1: Three-seater; usually radio car
  • Type 82/2: Sirencar (Siemens motor-driven siren mounted on passenger side in place of the rear seat)
  • Type 82/3: Mock-up scout car / armoured vehicle, incl. gun-turret atop cabin – for decoy and training purposes
  • Type 82/5: Kübelwagen chassis, with Type 60/LO[note 2] Pritschenwagen (Beetle pickup-truck) body.[12]
  • Type 82/6: "Tropenwagen": Kübelwagen chassis, with Beetle panel-van / box-van body
  • Type 82/7: Three-seat 'Command car': a Type 82 chassis, fitted with a Beetle body and roll-up canvas roof section. These three-seaters had a single rear seat behind the driver, and a co-driver's seat with fully reclining backrest for a commanding officer.
  • Type 82/8: Like regular open Type 82/0 Kübelwagen, but with body made of wood, to save on scarce steel resources
  • Type 82/E:[note 3] "Geländekäfer": Kübelwagen chassis with Beetle body (688 manufactured)
  • Type 86: Four-wheel drive (six prototypes made)
  • Type 87: "Kommandeurwagen": a Type 86 4WD Kübelwagen chassis with Beetle command car body. Fitted with running boards, under-hood-mounted spare tire (accompanied by a gas can, a jack, a small tool kit, and a shovel), and widened fenders for its larger-diameter Kronprinz (Crown Prince) off-road tires. Some were provided to high-ranking officers, who could push through virtually any kind of terrain with them. (667 produced)[13][14]
  • Type 89: Fitted with experimental automatic transmission
  • Type 92/LO:[note 2] deprecated — from April 1943 known as Type 82/5 [15]
  • Type 92/O: "offen": Kübelwagen chassis, with Type 60/O (Beetle convertible) body
  • Type 92/SS: (until April 1943): with interior attachments for fire-arms — from April 1943 deprecated, and known as Type 82/E [15]
  • Type 98: Beetle body with roll-up roof, on the Type 86 Kübelwagen 4×4 drive train
  • Type 106: Fitted with an experimental transmission (assumed different from the Type 89)
  • Type 107: Fitted with a turbocharger
  • Type 115: Fitted with a supercharger
  • Type 126: Fitted with a fully synchronized gearbox (assumed different from the Type 278)
  • Type 155/1: Half-track / snow-track Kübelwagen prototype. Pictures of several track-set designs exist,[16] although it is possible, that these were consecutively fitted to the same prototype. Trials proved, that the Type 155 was able to cover the most difficult terrain, but the modifications necessary to the standard Kübelwagen were extensive and the resulting vehicle was both very slow and forbiddingly inefficient.
  • Type 157: Railway car equipment, used for Types 82 and 87
  • Type 164: Six-wheeled, twin engine, dual-control prototype; never entered production
  • Type 177: Fitted with a five-speed transmission (as opposed to the standard four-speed unit)
  • Type 179: Fitted with fuel-injected Volkswagen engine
  • Type 179-F: Later updated directly to the Schwimmwagen (mentioned above)—Could cross water and temporarily be used as a small boat and/or landing craft. Because of a thick and bulletproof skid plate, the engine was protected and all valves in the rear were airtight. The engine had a flush-activated 179 fuel injected engine, that would act as a drainer to push water out and prevent the engine from flooding.
  • Type 198: Fitted with a PTO and auxiliary gearbox for starting the engines of armoured fighting vehicles[17]
  • Type 235: Fitted for power by an electric motor
  • Type 239: Fitted for power by a wood-gas generator mounted on the nose (also listed as Type 230)
  • Type 240: Fitted for power by bottled gas
  • Type 276: "Schlepperfahrzeug": Type 82 fitted with a towing hook to pull a 3.7 cm 'PaK 36' gun[18]
  • Type 278: Fitted with synchronized gearbox
  • Type 307: Fitted with a heavy-duty carburetor
  • Type 309: Prototype fitted with a diesel engine
  • Type 331: Prototype fitted for power by a "native fuel system" (acetylene gas) engine (also listed as Type 231)
  • Type 332: Fitted for power by anthracite coal

【蛇足】フォルクスワーゲン Typ 2

Typ 2Typ 1 をベースにリアエンジン・リアドライブの商用向け汎用自動車として開発されました。最初のモデル T1 が登場したのは 1950 年です。

フォルクスワーゲン Typ 1 系列の 1/35 スケールキット

KdF タイプ

Typ 82 キューベルワーゲン

Typ 166 シュビムワーゲン

Typ 128 シュビムワーゲン

商品リンク

脚注・コメント